我も恋う

この世は弱肉強食。慈悲などないので、しぶとく生きよう。

全てのコリン性蕁麻疹の方々に捧げる治療法(自己流)

どうも、冬場はアレルギーに悩まされるあきです。

 

f:id:burnetyou:20170125183430p:plain

みなさんは、「コリン性蕁麻疹」というアレルギーをご存知でしょうか!

 

「コリン性ってあれだろ、ゆうこりんのあれだろ」

ゆうこりんワロタwww」(´∀`)

とか思った人、正しい反応です(笑)

 コリン性蕁麻疹とは

それくらいこのアレルギーは知名度の低い病気なんです。

そして! アレルギー対象は、なんと自分の体から出る””なんです!

自分から出る物にアレルギー反応が出るって意味分からないですよね(゚Д゚)

 症状について

僕の場合、軽度の方で夏場には全く出ないのですが、

大体10月~3月までが発症期間で、汗が出ると全身が痒くなります。

急激な温度変化、刺激物の経口摂取(辛いもの、酸っぱい物)、夜の営み中に

容赦なく降りかかってくる厄介なやつです(笑)

 

そして辛いのが、完治する方法が無い。これなんですね。

ステロイド剤を飲めば、収まることには収まるのですが、完治に至らないので、

いずれは効き目もなくなり、ステロイド剤の副作用にも悩まされる。。。

仕方なく、自分自身で緩和する方法を探す必要がありました。

 

それから、ネット上で情報を調べたり、アレルギーについて勉強したり、かかりつけお医者さんに相談しながら、自分なりに効果的な方法を確立してきました。

 

今回は、その方法について書きたいと思います。

(合わないと思ったらすぐにやめてください!)

効いたと実感した方法

今までに、ステロイド剤、漢方薬抗ヒスタミン剤と様々な治療法を試してきましたが、ステロイドを覗いて、効果は実感できず終わりました。

「なんとかして効く薬を探さなければ」と思いながら、ネットで調べたところ、、

ビオチン療法」に辿り着きました。

 

ビオチン療法

ビオチン療法=ビオチンと呼ばれるビタミンを摂取し、皮膚環境やアトピーを抑える治療法です。

厳密に言うと、薬ではなくサプリを用いた治療法です!

摂取するのが、ビタミンHとミヤリサン呼ばれる整腸剤とビタミンCのみですので、安全性も高く、副作用の心配もほとんどありません。

サプリ治療ですので、処方せんも必要なく、薬局やオンラインショップで購入できるのもポイントですね。

 購入方法

 

・ビオチン  

ビタミンHで、皮膚環境を整えます。

※発送が遅いので、一回で多めに購入することをおすすめします。

・ミヤリサン

宮入菌の入った整腸剤。

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて、ビオチンの吸収効率を高めます。

・ビタミンC

見ての通りのビタミンCです。

ビオチンと一緒に摂取することで、吸収効率を高めます。

摂取方法

一日三回(八時間毎)

    一回の摂取量

・ビオチン    1錠 (5mg)

・ミヤリサン   4錠 (40mg)

・ビタミンC    1錠(350mg)

 僕の場合、効果を実感したのは服用を始めて一ヶ月が経った時でした。寒いところから、暑いところに入っても、いつもの刺すような痛みではなく、少しヒリヒリする程度の痛みで済みました!完治とはとても言えないけど、痛みがここまで抑えられたのは初めてだったのでとっても嬉しいかったです!

まとめ

以上が、私が効果を実感した方法でした!

値段も比較的安価で、簡単に始められるので、ぜひお試しください!

嬉しい副作用として、肌が綺麗になります!(これの為に、ビオチン療法をしている方もいらっしゃるみたいです。)

 

もし、他にも効果的な方法あったらコメントお願いします!